柔軟性が健康にとって大切

柔軟性が無いと健康というだけでなく怪我の予防や普段の動きがスムーズにできるというメリットがあると思います。

 

健康的にも柔軟性があったほうがいいのはよく知られていると思います。柔軟性を維持するためにはストレッチなどの体操を続けて身体をやわらかくすることがたいせつですが、この柔軟性も体質などがあって何もしなくても身体が柔らかい人がいる一方で、少しぐらいストレッチをしてもなかなか柔らかくならずに固い身体のままの人もいます。

 

私の場合は後者で体質的には身体が固いほうなので気づいたときには前屈したり、身体をひねったりしてストレッチを心がけています。スポーツジムに行ったりするときは入念に行いますが、それでも身体が柔らかい人のようにしなやかな柔軟性を得ることはできませんが、何もやらないよりはずっと健康的に維持できていると感じます。

 

健康とは習慣なり

50代後半の男性です。幸せなことに、これまで大きな病気をしたことはなく健康な人生を送っています。私は健康とは習慣なり、と考えるようになりました。

 

長寿社会になり、みんなが健康で長生きをしたいと願っているため、テレビでは健康番組がたくさん放映され、いろいろな医学情報が提供されます。

 

しかしつまるところ、人間も他の動物や植物と同じ生物であると考えるならば、生きていくために必要なのは栄養・運動・休養に他なりません。

 

すなわち3度の食事、適度な運動、質の良い睡眠が重要になるわけです。これは何か特別なことを、特別な時にするのではなく、毎日の生活習慣によって達成されます。

 

このところ国が定めたメタボリック・シンドロームの基準値の指標である、高血圧・高脂血症・肥満などを生活習慣病というのは、まさに生活習慣が健康を左右するということではないでしょうか。

柔軟性が健康にとって大切/好きな健康食品を見つけるために記事一覧

身体全体の中で歯の病気は直接的に死につながらないのであまり深刻に思わない人も多いかもしれません。また歯科医での怖い体験からあまり治療などに関しても積極的に考えていない人もいると思います。しかし歯の健康は食事にもつながりますし、歯が無いといろいろな健康面に大きなダメージが出てきます。歯が悪いと食事に影響してくるので栄養摂取の意味からもかなり影響が出て効果的に効率的に栄養を摂取することができません。ま...
健康である事は、食べ物も大切ですが、やはり動く事が大切だと思います。イライラとストレスを溜めて生活するよりも、気分転換においしい空気を吸って、キレイな景色を見ながら歩く!一番手軽に出来る健康法だと思います。歩いているうちに、どんなに寒い日でもポカポカとしてきて、悩んでいる事が、歩いているとしんどくなってきて、どうでもよくなります。身体を温める事、嫌な事を一瞬でも忘れる事は、免疫力を高めると思います...

このページの先頭へ戻る